授業科目名 年度 学期 開講曜日・時限 学部・研究科 全担当教員 単位数
90027:技術基盤企業のマーケティング(MC) 2020 秋1Q 水6-7 テクノロジー・マネジメント研究科 湊 宣明 2

キャンパス

OIC/OIC

授業施設

AC348セミナールーム/AC348セミナールーム

授業で利用する言語

日本語

授業の概要と方法

マーケティングの基礎知識を定着させつつ、市場ニーズを踏まえた製品・サービスの設計手法を学ぶ。本講義は、マーケティングを理論的・体系的に学習したことのない者が、製品・サービスのコンセプト開発力を身に付けることを目的とする。最新のマーケティング事例や分析手法を紹介するとともに、プロジェクト演習により実践力を身に付ける。

受講生の到達目標

①マーケティングの基本用語を理解し、理論及び分析フレームワークを応用することができる
②将来的な顧客ニーズを分析し、製品・サービスのコンセプト設計をした上で、競合分析・市場予測を行い、マーケティング戦略を提案することができる

事前に履修しておくことが望まれる科目

特に無し

授業スケジュール

授業回数/
担当教員(複数担当の場合)
テーマ
キーワード・文献・補足事項等
1-2

イントロダクション

マーケティングを理解するために必要な基本用語(セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング、4P等)を知識として理解できる。
(追記)
第2回講義(7限)では、Stockmark株式会社より田中和生氏をゲストに迎え、「AIを活用したテキストマイニングによる未来技術予測(仮)」に関する講義行う。

3-4

マーケティングの基礎理論と分析手法

マーケティングの基礎的な理論及び分析フレームワークについて体系的に理解することができる。

5-6

デザイン思考と顧客分析

デザイン思考を用いて製品・サービスに対するユーザー要求を抽出し、革新的なアイデアをグループ協働により創出することができる。

7-8

製品コンセプト開発

システム工学手法を組み合わせて製品・サービスを概念レベルで設計し、設計した代替案を体系的に評価することができる。

9-10

競合分析と市場予測

市場における競合調査及び将来予測を行い、製品・サービスの価格設計及び市場参入戦略を立案し、製品・サービスを顧客に届けるための流通システムを設計することができる。

11-12

企業におけるマーケティング活動

技術基盤企業からゲストを招聘し、定量的・定性的なマーケティング手法の実務について理解を深める。

13-14

マーケティング実践演習

将来的な顧客ニーズを分析し、製品のコンセプト開発をした上で、競合分析・市場予測を行い、マーケティング戦略を立案することができる

15-16

最終プレゼンテーション

新製品/サービスのコンセプトについて、データ等に基づく分析結果を活用しつつ、説得力あるマーケティング戦略をプレゼンテーションできる。

授業外学習の指示

チーム単位による協働学習を基本とし、授業中にグループ演習及びグループ発表を行う。その準備のため授業外でのグループワークを求める場合がある。

成績評価方法

種別 割合(%) 評価基準等
定期試験(筆記)

レポート試験
(統一締切日を締切とするレポート)

上記以外の試験・レポート、平常点評価
(日常的な授業における取組状況の評価)
100

・レポート課題 60%
・グループ発表 40%

成績評価方法(備考)

受講および研究に関するアドバイス

授業外での情報収集活動、及びグループディスカッションが重要な役割を果たします。他人と協働して成果を創出するスキルと経験をこの機会に身に付けてください。

教科書

書名 著者 出版社 ISBNコード 備考
マーケティング入門 小川孔輔 日本経済新聞出版社

教科書(備考)

参考書

書名 著者 出版社 ISBNコード 備考
実践・システムシンキング入門 湊宣明 講談社

参考書(備考)

参考になるwwwページ

授業内外における学生・教員間のコミュニケーションの方法

学生との直接対話

備考

特に無し
【科目ナンバリング・カリキュラムマップはこちらから/Click here to see the Curriculum-Map and Course-Numbering】
URL:http://www.ritsumei.ac.jp//students/pathways-future/course/curriculum.html