授業科目名 年度 学期 開講曜日・時限 学部・研究科 全担当教員 単位数
91345:特殊講義(イノベーション・ダイナミクス)(MA) 2022 春2Q 水6-7 テクノロジー・マネジメント研究科 湊 宣明 2

キャンパス

OIC/OIC

授業施設

AC348セミナールーム/AC348セミナールーム

授業で利用する言語

日本語

授業の概要と方法

新技術の導入によってイノベーションが形成される普及過程を学ぶ。イノベーションは、誕生、発展、成熟といったライフサイクルを経て社会に普及する。モデリング・シミュレーションの基礎を習得し、イノベーション普及の動的な挙動を解析し、新製品やサービスの市場普及を戦略的にマネジメントする方法について理解する。講義は対面授業で行う。

受講生の到達目標

システム・ダイナミクスを用いたモデリング・シミュレーション技術により、新製品やサービスの市場普及過程を再現し、将来を予測することができる。

事前に履修しておくことが望まれる科目

技術基盤企業のマーケティング(MOT大学院科目)

授業スケジュール

授業回数/
担当教員(複数担当の場合)
テーマ
キーワード・文献・補足事項等
第1回-第2回

イントロダクション

講義の目的、手法、スケジュール、評価方法等を説明し、講義の全体像を把握することができる。

第3回-第4回

システム思考と因果ループ図

システム思考の基礎知識を理解し、大規模かつ複雑な問題のシステム構造を因果ループ図として表現できる。

第5回-第6回

ストック・フロー図

ソフトウェアを用いてストック・フロー図を作成することができる。指数的成長の振る舞い、目標追求の振る舞い、振動の構造を理解し、簡単なモデルを構築してシミュレーションを実行できる。

第7回-第8回

S字型成長のモデリング

S字型成長の振る舞いを再現することができる。感染症の流行過程を再現するSIモデルを構築し、シミュレーションに基づいて将来の流行と収束を定量的に予測できる。

第9回-第10回

市場普及のモデリング

普及過程の数理モデルであるバスモデルを理解し、製品やサービスの市場普及予測に応用することができる。耐久消費財の製品廃棄過程、消耗品の再購入過程を簡単なモデルで再現することができる。

第11回-第12回

市場競争のモデリング

製品やサービスの市場普及におけるネットワーク効果、経路依存性、インストールベース、クリティカルマスについて理解できる。競合製品間の市場シェア競争を簡単なモデルで再現することができる。

第13回-第14回

プロジェクト演習

学習した理論とモデリング技術を応用し、製品やサービスの普及過程を再現する。因果ループ図を用いて問題の発生メカニズムに対する仮説を導出し、ストック・フロー図を用いてシミュレーションモデルを構築できる。時系列データを用いてモデル試験を行った上で、複数シナリオによるシミュレーションを実行し、結果を考察できる。

第15回-第16回

最終プレゼンテーション

製品やサービスの市場普及に関するモデリング・シミュレーションの結果をまとめ、グループとして発表できる。

授業実施形態

対面授業(BCPレベル1及びレベル2)を基本とし、必要な場合にはライブ配信型授業(BCPレベル3及びレベル4)に移行する。

授業外学習の指示

前半はモデリングの個人課題があります。後半は少人数グループによるプロジェクト演習があります。

成績評価方法

種別 割合(%) 評価基準等
定期試験(筆記)

レポート試験
(統一締切日を締切とするレポート)

上記以外の試験・レポート、平常点評価
(日常的な授業における取組状況の評価)
100

課題提出 60%
最終発表 40%

成績評価方法(備考)

ライブ配信型授業に移行する場合は、グループ発表もオンラインで行い、成績を評価します。

受講および研究に関するアドバイス

受講生は個人パソコンに専用ソフトウェアをインストールして毎回教室に持参し、講義中の演習及び課題を行う必要があります。Vensim® Personal Learning Edition (Vensim®PLE) をダウンロードしてください。

教科書

書名 著者 出版社 ISBNコード 備考
実践システム・シンキング‐論理思考を超える問題解決のスキル 湊宣明 講談社 9784061573055

教科書(備考)

参考書

参考書(備考)

参考になるwwwページ

授業内外における学生・教員間のコミュニケーションの方法

学生との直接対話

備考

【科目ナンバリング・カリキュラムマップはこちらから/Click here to see the Curriculum-Map and Course-Numbering】
URL:http://www.ritsumei.ac.jp//students/pathways-future/course/curriculum.html