授業科目名 年度 学期 開講曜日・時限 学部・研究科 全担当教員 単位数
90136:特殊講義(イノベーション・ダイナミクス)(MA) 2020 秋2Q 水6-7 テクノロジー・マネジメント研究科 湊 宣明 2

キャンパス

OIC/OIC

授業施設

AC348セミナールーム/AC348セミナールーム

授業で利用する言語

日本語

授業の概要と方法

[授業の概要]
新技術が市場に普及する中で、イノベーションが形成される過程を学ぶ。イノベーションは、誕生、発展、成熟といったライフサイクルを経て社会に普及する。その間、企業はイノベーションの創出や市場への浸透に努め、競争優位の獲得を目指す。イノベーションの動的な挙動を分析し、マネジメントする方法について理解する。
[授業の方法]
上記目的を達成するため、連続系シミュレーション技法であるシステムダイナミクス(System Dynamics: SD)を採用する。システムダイナミクスは、企業活動をシステムとして捉え、システムを構成する要素間の関係をストック・フロー構造によりモデル化し、システムの動的特性をコンピュータ上でシミュレーションしながら意思決定を行う手法である。専用ソフトウェアとしてVensim PLE(無料ダウンロード可能)を利用し、モデリング演習(個人及びグループ)を交えながらシミュレーションの基礎を身に付ける。

受講生の到達目標

システムダイナミクスを用いたモデリング・シミュレーション技術により、新製品やサービスの市場普及を予測することができる

事前に履修しておくことが望まれる科目

特に無し

授業スケジュール

授業回数/
担当教員(複数担当の場合)
テーマ
キーワード・文献・補足事項等
1-2

イントロダクション

・講義概要、講義スケジュール、評価方法、ソフトゥエアのインストール
・システムダイナミクスの基礎
・システム思考
・因果ループ図

3-4

ストック・フロー図

・指数関数的成長と減衰
・銀行預金モデル
・目標追求
・システムの振動

5-6

S字型成長のモデリング

・環境容量
・インフルエンザ感染モデル
・モデル試験

7-8

市場普及のモデリング

・Bass Diffusionモデル
・製品廃棄モデル
・製品再購入モデル

9-10

遅れと世代連鎖のモデリング

・物質の遅れと情報の遅れ
・パイプライン遅れ
・システムの1次遅れ
・世代連鎖モデル
・コホートモデル

11-12

プロジェクト演習(1)

因果ループ図を用いて問題の発生メカニズムに対する仮説を構築し、ストック・フロー図を用いてシステムをモデル化する

13-14

プロジェクト演習(2)

データを用いてモデル試験を行った上で、複数シナリオによる定量評価を行い、意思決定及び戦略提案を行う

15-16

最終プレゼンテーション

・最終プロジェクトのグループ発表
・講義のまとめ

授業外学習の指示

前半はモデリングの個人課題があります。後半は少人数グループによる最終プロジェクト演習があります。

成績評価方法

種別 割合(%) 評価基準等
定期試験(筆記)

レポート試験
(統一締切日を締切とするレポート)

上記以外の試験・レポート、平常点評価
(日常的な授業における取組状況の評価)
100

・課題提出 60%
・最終発表 40%

成績評価方法(備考)

受講および研究に関するアドバイス

受講にあたってモデリング・シミュレーションの経験は必要ありませんが、受講生は個人パソコンに専用ソフトウェアをインストールして教室に持参し、課題演習を行う必要があります。Vensim® Personal Learning Edition (Vensim®PLE) by Ventana Systems Inc. をダウンロードしてください。

教科書

書名 著者 出版社 ISBNコード 備考
実践システム・シンキング‐論理思考を超える問題解決のスキル 湊宣明 講談社

教科書(備考)

参考書

参考書(備考)

参考になるwwwページ

国際システムダイナミクス学会:http://www.systemdynamics.org/
システムダイナミクス学会日本支部:http://j-s-d.jp/

授業内外における学生・教員間のコミュニケーションの方法

学生との直接対話

備考

特に無し
【科目ナンバリング・カリキュラムマップはこちらから/Click here to see the Curriculum-Map and Course-Numbering】
URL:http://www.ritsumei.ac.jp//students/pathways-future/course/curriculum.html